映画紹介
「鰹節」と聞くと、
真空パックの中に入った削られた花かつおをイメージする人が今や多いのではないだろうか。本来は、三日月型の塊のことを「鰹節」と言い、昔の人はカンナのような鰹節削り器で削り、だしを取ったり料理に添えたりしていた。

この「鰹節」、一本作るのに数か月~半年の年月がかかっているのをご存じだろうか?

鰹が水揚げされてから私たちの食卓に上がるまで、数々の熟練職人たちの手により、ひとつひとつ時間をかけて作られているのだ。
今でも年々消費が増え続け、日本の食卓には欠かせない存在となっている「鰹節」。
鰹節生産者を中心に日本のものづくり職人たちが「鰹節」を作りあげる軌跡をカメラが追う。
CopyRight © BEETHOVEN All Rights Reserved.